サプリと薬と併用することについて

サプリを日常的に利用している人が多くなったと思います。そういう人たちは、薬と併用している場合も多いそうです。健康食品というのは一般的に健康を改善するために摂取するかと思います。その健康食品と病院からもらった処方薬と併用している人が3割ほどいるそうです。そしてとくに生活習慣病の人の場合は半数近くがサプリと処方薬を併用しているそうです。70代以上となると3分の2が併用という回答しているそうです。そしてそんな人達を調査すると、この中で通院している人たちの8割が意思にサプリのことを相談していないそうです。現実問題として、サプリと処方薬の併用による弊害というのが報告されているそうです。サプリの成分の中には、処方薬の効果を台無しにするものや重大な副作用を発現する可能性もあるそうです。相互作用ということでいったら、サプリや食品との飲み合わせということかと思います。飲み合わせによっては効果が予想以上に現れたり、弱まったりすることがあるそうです。相互作用のリスクが高まっている要因としては、サプリが医薬品の成分に近づいているということがあるそうです。また規制緩和というのも影響しているそうです。イチョウ葉エキスやノコギリヤシなどのハーブがサプリメントになったそうです。また、通常の食品から摂取するよりも、有効成分が何十倍、何百倍にも濃縮したエキスが錠剤やカプセルの形状でつくられているそうです。これが過剰摂取が可能になったそうです。また医薬品として開発されたものがサプリになったというものもあるそうです。医薬品とサプリとの距離はどんどん縮まってきていますが、その相互作用で、健康障害も起きやすくなっている現状も考えるべきだそうです。

投稿を作成しました 11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る