動物性たんぱく質、植物性タンパク質

タンパク質の栄養価を評価する指標に「アミノ酸スコア」というものがあるそうです。必須アミノ酸がすべて充足しているのがスコア100となるそうです。栄養価の高い良いタンパク質というのは、人の身体が必要としているアミノ酸の種類と量にできるだけ近い組成を持つタンパク質ということになるそうです。スコア100には、肉、魚、卵、牛乳といった動物性タンパク質だそうです。体内で効率よく利用できる理想的なタンパク質だそうです。大豆もアミノ酸スコア100だそうです。植物性タンパク質の中では、唯一の良質なタンパク質源となるそうです。サプリのプロティンなどは大豆を利用していて、アミノ酸スコア100を表記しているものもあるそうです。精白米が65,じゃがいも68となるそうです。この数値が小さくなるほどバランスが悪いといえるそうです。体内での利用率も低くなるそうです。第一制限アミノ酸といって充足率の低いアミノ酸というものがあるそうですが、精白米にはリジン、じゃがいもはロイジンといったものだそうです。これは一番充足率が低いアミノ酸に合わせて、ほかのアミノ酸もそれ以上は体内で利用されないというリービッヒの最小律という考え方だそうです。バリンは必要量の120%取れていたとしても、リジンが50%しかとれていなければ、摂取したアミノ酸全体が50%しか活用されないということになるそうです。一般的に植物性タンパク質は動物性のタンパク質に比べてアミノ酸バランスが悪いそうです。体内での利用率も低いと言えるそうです。ただアミノ酸バランスのよい動物性タンパク質との食べ合わせによって補足効果があるそうです。おおむね総摂取量の4割以上の動物性タンパク質をとっていれば心配することはないそうです。

投稿を作成しました 11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る